アイデミー、キリングループのDX人財育成プログラムの進化に向けて Aidemy Businessで伴走

DX人材の育成に向けた「キリンDX道場」の一環として提供

 デジタル変革に伴走する株式会社アイデミー(本社:東京都千代田区、代表取締役 執行役員 社長 石川聡彦、以下「アイデミー」)は、キリンホールディングス株式会社(本社:東京都中野区、社長COO 南方健志)が進めるDX人材の育成に向けたデジタルリテラシー及びスキル向上のプログラム「キリンDX道場(※)」の一環として、2024年5月10日より、オンラインDXラーニング「Aidemy Business」の提供を開始いたしました。

 キリングループでは、長期経営構想キリングループ・ビジョン2027の中でイノベーションを実現する組織能力の一つとして、「価値創造を加速するICT」を掲げています。その実現に向けた取り組みの一環として2021年7月よりキリングループの従業員を対象とした独自のDX人財育成プログラム「キリンDX道場」を継続して実施しており、テクノロジーを活用してプロセスの変革を構想し、具現化する力を持つ人材の育成に尽力しています。「キリンDX道場」の受講者は累計1,800名を超えていますが、募集枠を超える応募が例年続いています。また、昨今の生成AIの急速な浸透をはじめ、テクノロジーの進化への対応が求められる中で、従業員のデジタル技術の学習に対するニーズが想定を上回るペースで高まるとともに、多様化してきています。

 こうした背景から、キリングループの全社的なDX人材育成のさらなる強化施策の一環として、アイデミーは、2024年5月10日よりオンラインDXラーニング「Aidemy Business」の提供を開始いたしました。データやテクノロジーはもとより「なぜDXに取り組むのか?」といったマインド・スタンスも含めたリテラシーを習得するためのコンテンツとして、2024年度「キリンDX道場」の白帯・黒帯コースで活用いただきます。グループ全体から受講希望者を募り、約1,200名が受講を開始しました。

 アイデミーはツール提供に留まらず、230を超える学習コースを組み合わせた最適なカリキュラムの提案や、社員の学習状況に応じて学習継続に向けた施策を提案し、キリングループのDX推進を支援してまいります。 

※キリンDX道場
https://www.kirinholdings.com/jp/newsroom/release/2021/0709_03.html

一覧に戻る
プレスキットはこちら