創業10周年のご挨拶

株式会社アイデミーは本年6月10日に創業10周年を迎えました。
10年に渡り事業を継続できましたことは、ひとえに皆様のご支援、ご愛顧の賜物と心より感謝申し上げます。

当社は私が東京大学在学中に「人々がより豊かな生活を送れる支援をする。」という理念のもと、2014年にGoods株式会社※1として事業を開始しました。
この理念を基軸に据えて事業を進める過程で、AIが持つ未来への可能性を社会により一層浸透させることが、我々の大きな使命であると確信いたしました。

そこで2017年に「AI」と「Academy」を組み合わせた造語である「アイデミー」へ商号を変更いたしました。新たな社名には、“AIをより理解しやすくすると同時にそれを学び、活用するための場を提供することを目指す”という当社の理念が込められています。

当社では、個人向けサービスであるAidemy Premiumから法人向けサービスであるAidemy Businessへと発展させていく過程で、第一次成長期を迎えました。
この期間に社員数も増え、提供サービスの幅も拡大を遂げてまいりました。
人員・提供サービスが充実していく過程で、顧客の企業価値を更に高めたいとの思いを踏まえ、従来の理念を「先端技術を、経済実装する。」という更に具体的なものへと昇華させました。

創業から10年を振り返ると、当社組織の根幹には「挑戦」と「技術への感謝」の精神が深く根付いていることが窺われます。多くの挑戦から得られた成果や技術の探求は、新たな技術の開発や事業創造に還元していくための基盤にもなっています。

2000年初頭は第二次AIブームが下火となり、冬の時代と称された時代でしたが、遡ること1970年代にも同様の時代がありました。しかし、こうした時代にも先人たちの情熱と探究心によってAI技術の継承は途絶えることなく、新たな発展の機会を迎え、現在は第三次AIブームの中にあります。

時代の趨勢としてAI/DX化が進み、テクノロジートレンドを牽引してきた「DX」がますます浸透・細分化しています。
生成AI技術の急速な発展もその一環であり、企業の持続的な成長や価値向上に不可欠な要素として顕現しています。

先人たちより技術のバトンを引き継ぎ、我々が培った技術と知見を社会に還元していくことが私たちの重要な役割であると考えます。
さらに未知なる未来に向けて新たなる技術の礎を構築し、後世に伝承していく使命をも担っていきたいと思います。この使命に向けて、当社の挑戦はこれからも続きます。

2023年6月の東証グロース市場への上場は、当社の第二次成長期を画する重要な節目となりました。多様化する顧客企業の課題解決と次代を担う人材の育成にも注力し、この発展期を更に盛り上げてまいる所存にございます。

今後ともなお一層のご指導・ご鞭撻を賜りますよう謹んでお願い申し上げます。

2024 年 6 月 10 日

株式会社アイデミー
代表取締役 執行役員 社長 石川聡彦

※1 個人に最適な商品を、毎日1つレコメンドするWEBサービスを開発し自社アプリを運営している会社。

一覧に戻る
プレスキットはこちら