アイデミー、AI/DXの人材育成プラットフォームにパーソナルAIアシスタント「My Aide(マイエイド)」を搭載

——-
2024年4月16日公開
My Aideの正式リリースについてはこちら
——-

~ 生成AIを用いたサポート機能をAidemy Business、Aidemy Premiumに追加予定 ~

デジタル変革に伴走する株式会社アイデミー(本社:東京都千代田区、代表取締役 執行役員 社長 石川聡彦、以下「アイデミー」)は、法人向けのオンラインDXラーニング「Aidemy Business(アイデミービジネス)」と個人向けのPython特化型オンラインプログラミングスクール「Aidemy Premium(アイデミープレミアム)」に、大規模言語モデル(Large Language Model、以下「LLM」)を活用した新機能として、パーソナルAIアシスタント「My Aide(マイエイド)」を搭載いたします。2023年秋より試験運用を開始し、2024年初頭にリリース予定です。

2022年11月の発表以降、日常に浸透し始めているOpen AI社のChatGPTをはじめ、昨今、生成AIを活用したサービスが次々に誕生しています。その潮流を支える技術が、大量のテキストデータを使ってトレーニングされた自然言語処理モデルのLLMです。膨大なドキュメントを学習し、幅広い知識を備え、ユーザーが求めるタイミングでタイムリーに回答できるLLMは教育との相性がよいとされています。

アイデミーはこの度、兼ねてより注力していたLLMの活用戦略の1つとして、パーソナルAIアシスタント「My Aide」をAidemy BusinessとAidemy Premiumに新機能として搭載することを決定いたしました。累計ユーザーが23万人以上であるAidemyのサービスの質問履歴や受講履歴を踏まえ、AIがコースの学習に関する質問に即時に回答します。また、将来的には、受講者の学習履歴と累計400社以上の法人に提案してきた人材育成カリキュラムをデータベースとして、受講生の業務課題やニーズ、興味に合わせたカリキュラム提案の実現を目指しています。

アイデミーは今後も、先端技術を取り入れながら受講者の学習環境の向上に努め、AIを使いこなせる人材を目指す方のリスキリングや企業のAI活用、DX推進に貢献してまいります。

Aidemyの受講画面の例:
右側に表示されているのがAIアシスタントシステム「My Aide」。オリジナルの人格設定が可能。お好みのパーソナリティとの対話を楽しむことで受講生のモチベーションアップも期待できます。

 

一覧に戻る
プレスキットはこちら